ふじみ野の不動産会社で理想の家探し|住宅に関するノウハウ

積み木
このエントリーをはてなブックマークに追加

違いと相談

レディ

住宅ローンが支払えなくなったことで、銀行から任意売却を勧める書面が送られてきたという体験談があります。この場合、改善が難しい時は考えなければいけないでしょう。ちなみに福岡で任意売却をする場合、競売に比べると高額で取引されることが多いため、その後の生活も、任意売却をしたお金で生活することができます。ただ任意売却や競売も家を手放さないといけないことを念頭に置く必要があるでしょう。違いとしては、任意売却だと一般市場に出ている相場価格での売却になるため、競売よりも希望額が通りやすくなります。そして、秘密厳守になるため周囲にローンの滞りを知られることがありません。引っ越し費用や次の住まいに充てる費用にすることができる点も、任意売却のメリットでしょう。福岡では、任意売却された物件が数多くありどれも売りに出された後買手がついているものばかりです。そのため、売れないといった心配をする必要がなくなります。なお、任意売却だと、に起こった債務に関して金融機関と話し合いをしますが、そのほとんどが無理なく支払える範囲にとどめることができます。そのような意味でも競売よりはるかにメリットが多いと感じます。

一方、競売も同様に福岡にも結構ありますがデメリットとしては、一般の相場価格より7割程度で落札されるので任意売却をするより債務残高が残ってしまいます。そして競売物件として福岡の不動産雑誌や広告で公開されるので近隣住民に事情を知られることになります。ですから、任意売却よりもプライバシーが裸になることも否めません。落札者から立ち退きの費用を請求できる可能性も低く、残った債務に関してもどのような交渉をすればいいのか途方に暮れるので精神的な部分にダメージを受けてしまいます。とにかく福岡にある家を守りたい、何とか競売は避けたい、立ち退きを迫られるまで住み続けたいと思うなら手遅れになる前に専門機関へ相談をしましょう。